読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スーパーカーで夢をドライブ

「このバンド好きなんだよね」と安易に口に出すと「自分の方が好きだ」と思われてしまうことがよくある。

そんなことばかりだからもうほとんど好きなバンドなんて言わなくなった。

実際、僕の持っている「好き」の度合いよりも大きい人がたくさんいて。
僕よりもずっとずっと詳しい人もたくさんいるわけで。
そういう人達にやたらと気を遣って、いつの間にか好きなものを大きな声で好きと言えなくなっちゃった。

今の若い子達はすごく音楽が身近で、最新の音楽をいち早くチェックしたりできる。
そんな中で「最近このバンド好きなんだよね」なんて聞くと「自分の方がずっと前から聴いてるのに」とか思っちゃう。
でもそこで「チェッ、なんだよあいつ」と思うくらいならい「そのバンド好きなんだ、昔のアルバムもいいよ」って貸してやった方が気持ちがいいもんだ。
「このバンド好きならこのバンドもたぶん気にいるよ」ってCDを何枚か貸してやった方が楽しいはずだ。

僕はそういうのが高校時代にほとんどできなかったから、10代のうちにそういうことができるのは本当に貴重だと思ってるよ。

「げっ、あいつもあのバンド好きなのかよ〜」なんて寂しい会話が無くなることを祈るばかりだ。 

今夜は
山口百恵と、さっき初めて聴いたばかりの、僕のレテパシーズというバンドを聴きながら寝よう。