読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つかみなさい、夢を。


今日は、昨年からお世話になっているShow!というエンタテインメント系専門学校の卒業・進級制作のコンサートに行ってきた。

Show!が経営しているライブハウスがあって、そこのブッキング担当の方が以前に共演したこともあって、よくそこでライブをさせてもらっていたんだけど、その時に、やっぱりShow!の学生さんも出演することが多くて、そこで出会った人達が出るってことで。

毎年テーマがあって、今年は「夢」ということだった。

コンサートというよりは、演劇の中で生徒達が演奏したり歌ったりするという演出だったんだけど、本当に素晴らしかったよ。

演劇の内容ももちろん素晴らしかったんだけど、個人的には、Show!の生徒で、よく一緒にライブをしていた「館 稀成(たちきなり)」という男がいて

共演するたびに「ピッチが安定しない」とダメ出しをされているところを目撃している。
僕が偉そうに言えた立場じゃないけど、確かにピッチが安定していないせいで歌が下手に聞こえちゃうことが多かったんだ。

けど、今日のコンサートで何度か歌っていたんだけど、物凄くピッチが安定していて、いわゆる「歌が上手く」なっていたんだ。
それを見て、彼は本当に必死に学んで、努力してきたんだなぁ。と感じて目頭が熱くなったよ。

もちろん他の生徒達の歌も、演奏も、本当に非の打ち所がないほどの素晴らしさだったもんだから打ちのめされちゃったよ。

きっと彼ら、彼女らの周りには「そんな学校に行ってもそういう職に就けるのは一握りだよ」なんて言う奴らがいると思う。
僕も正直、そう思ったりもする。した。

けど、今日のコンサートを観て、必ずしもその学校を出てそこで学んだことに関係した仕事に就けたら幸せかと言ったら、そうじゃないんだと感じた。

例え全く違う職業に就いたとして、「なんのためにその学校に行ったんだ」なんてことは関係ないよ。

その学校で過ごして、学んだことはもちろん、その学校で出会った仲間達との思い出があれば、それだけで生きる糧になるってもんだよ。

そういった意味でも、彼ら、彼女らは本当に幸せなんだなと思うし、これからも幸せになってほしいと心から思うよ。

僕はShow!の生徒でも卒業生でもないけど、縁があってこういう場に来ることができて良かったよ。

本当に良い時間を過ごせた。
ありがとう。

ステージの上で演奏して、歌って、踊っていた人達はもちろん、照明や音響、裏方仕事をしていた全ての人達へ感謝します。

f:id:Takro0603:20160207202401j:image